FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金曜のみOPENのチーズケーキ屋さん

こんにちは

春は雨が多いですね…今年は特に多いです
そんな時はおうちで甘いものでも食べてゆっくりするのもいいですよ

そこで紹介したいのが、毎週金曜日のみOPENのチーズケーキ屋さん
ガトード・ミエルさんです

チーズケーキがすごく濃厚でとっても美味しいんです
本当にオススメです

他にタルトやクッキーチョコケーキなどもあります
金曜日に京都に居るなら是非食べてみてください

住所☆京都市上京区寺ノ内通り新町西入る妙顕寺前町499
当ホテルからは歩いて20分くらいです

ケーキ
スポンサーサイト

京都御苑

IMG_1271.jpg
暖かい日差しに誘われて、京都御苑に行ってきました。
御苑内の南西には梅林と桃林があり、その競演が楽しめます。また、北西側には早咲きのしだれ桜が咲き始め、その途中には白木蓮と紫木蓮が咲き、今の御苑は花盛りです。

平安遷都から明治になるまでの1075年間、天皇のお住まいであった「京都御所」は春と秋に例年一般公開されています。
今春は4月3日から7日の5日間です。(午前9時~午後3時半受付)今年は大正天皇のご大礼から100年目にあたるので、その儀式に関連する展示が行われるそうです。
参観自由ですので、この機会をお見逃しなく。当ホテルから徒歩で20分足らずですよ。

天龍寺
天龍寺~嵯峨嵐山~
3月上旬、天龍寺へ行ってきました。しだれ梅が咲き、早い春の訪れを告げていました。

天龍寺は足利尊氏が夢窓国師を開山として創建したお寺ですが、世界文化遺産にも登録されています。
今は、法堂の雲龍図が特別公開されていますが、これは加山又造画伯による平成9年作の天井画です。
庭園では四季折々の花が楽しめ、桜、つつじの美しさは格別です。

嵐山は、寺社巡りの他、岩田山のモンキーパークや保津川下り等、様々な楽しみ方ができる所です。
暖かくなるこれからの季節、是非お出かけください。

当ホテルからは1時間足らずで行けますよ。

これって!お勧め!定期観光バス3月

京のお雛様めぐり編(大人9000円)・・・京都国立博物館・・・京都の雛人形コレクション→→
霊鑑寺・・・「谷の御所」樹齢300年の日光椿の咲く寺 尼門跡寺院も伝わる雛御所で人形200点など皇室ゆかりの多くの寺宝が残されております 西陣魚新<昼食>有職料理を今に伝える老舗料亭 雛飾りと京料理→→
宝鏡寺(ほうきょうじ)「人形の寺」「百々御所」で知られる尼門跡寺院で、人形供養などもできます →→
鶴屋吉信<和菓子>御所ご用達をつとめた老舗で雛菓子「ひちぎり」とお抹茶のひととき→→終了 
独り言・・・約6時間のこのコースよくできてます。魚新さんはお昼でも5000円ぐらいからですし、鶴屋吉信さんのお抹茶とお菓子もとても素敵なところでゆっくりしていただけます。交通費、拝観料が入っているのでとってもお得感ありです。
このコースにつけ加えてほしいのは(折角西陣に来られるのですから)西陣のくらし美術館冨田屋さんの伝統のお雛会です。今更無理ですので、こちらは是非オプションでどうぞ。
当ホテルからは宝鏡寺、冨田屋、魚新、鶴屋吉信さんへは徒歩で行けます。

京の冬の旅 No.4 六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

お盆の精霊迎え「六道さん」で知られる建仁寺派の古那です。平安時代初期の文人官僚の小野篁(おののたかむら)がこの世と冥界の出入り口に使用していたという井戸が残っています。(小野篁は昼間はお役人として、夜は閻魔大王に使えていたといわれています)

薬師堂には本尊・薬師如来像、閻魔堂には気迫に満ちた閻魔大王像と小野篁像が安置されています。

今回の京の冬の旅では、近年10世紀ごろの作と判明した「毘沙門天像」や、地獄絵「熊野観心十界図こわいこわい!一度見たら夢に出そうな光景の絵なのです=などが公開されます。

周辺のおすすめのランチは

祇をん「萬屋」 うどん、そばのお店  ネギは契約農家から仕入れています。九条ねぎたっぷりのネギうどんはファンが多いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。