FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京の冬の旅 No.4 六道珍皇寺(ろくどうちんのうじ)

お盆の精霊迎え「六道さん」で知られる建仁寺派の古那です。平安時代初期の文人官僚の小野篁(おののたかむら)がこの世と冥界の出入り口に使用していたという井戸が残っています。(小野篁は昼間はお役人として、夜は閻魔大王に使えていたといわれています)

薬師堂には本尊・薬師如来像、閻魔堂には気迫に満ちた閻魔大王像と小野篁像が安置されています。

今回の京の冬の旅では、近年10世紀ごろの作と判明した「毘沙門天像」や、地獄絵「熊野観心十界図こわいこわい!一度見たら夢に出そうな光景の絵なのです=などが公開されます。

周辺のおすすめのランチは

祇をん「萬屋」 うどん、そばのお店  ネギは契約農家から仕入れています。九条ねぎたっぷりのネギうどんはファンが多いです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。